2007-04-15

多摩川サイクリング

今日も飽きずに多摩川サイクリングロードを漕いで で立川まで行ってきた。
京浜工業地帯のど真ん中に住む者にとって、唯一多摩川サイクリングロードが自転車で走れる道と言っても過言ではないだろう。
道中、「都会でもこんなに花が咲いているところがあったのか。」と思わせる景色に遭遇する事もしばしば。
そんな訳で、休日の多摩川サイクリングロードでは各地から憩いを求めてチャリダー達が自慢の愛車を蹴ってが集まり、さながらモーターショーならぬ、チャリンコショー状態と化している。
みんな何処でそんな自転車売っているんだ?と聞きたくなるような一台ウン十万もするような自転車に乗っており、衣裳もそのままツールドフランスに出れるのでは?と思うほどビシッときめ颯爽と走っている。
サイクリングロードの途中にいくつかある休憩ポイントではそんな自転車にまたがる方々がタムロしており、前を通り過ぎる人や新に休憩をしようとしている人にスルドイ視線を送っている。
しかし、そのスルドイ視線の先にあるのは人ではなく自転車なのである。
10年以上前「まうんてんばいく」と言う言葉が世に知れ渡った頃の老朽化した我が愛車を普段着で乗っている我てとてその例外ではなく、休憩する時などあまりの熱い視線についヘコヘコしそうになる位だ。
きっとこの視線に負け、高級自転車を買った人もいるのではないだろうか。その気持ちわからなくも無い。
だから我ても、という訳ではないが多摩川サイクリングロードを走り終えた後、そのまま横浜の自転車屋さんに直行し愛車をドック入りさせてきた。
改装箇所はタイヤの交換とチェーンの交換。
先日そこの自転車屋さんに我が愛車を持ち込み診てもらった所、あまりに古すぎてギア等駆動系の部品はもう取り替える事が出来ないそうなのだ。取り替えるとしたらフレーム以外略全取り替えになるのだとか。そんな予算はありましぇ−んと言う事で、佐渡ロングライドに備え少しでも路面抵抗を減らそうと細いタイヤに付け替え、チェーンの伸びを測るインジケーターの目盛りを振り切ってしまう程伸びきっていたチェーンを交換してもらう事にしたのだ。
今週中には出来てくると思うので週末にはちょっぴり新しくなった愛車を蹴ってまた多摩川サイクリングロードに行ってみよう。
少しは見る目が変わるかな?ってそれだけじゃ変わる訳無いよな。。。

本日の走行距離 : 91.10Km

<<BEFORE<<・・・・・<TOP>・・・・・>>NEXT>>

2 comments:

じ said...

頑張ってるね~。
オイラはなーんにも練習しとらんとです。
210キロも走れるかな~・・・

我て said...

頑張っているというより
「醜態はさらしたくない」
という危機感があるだけ。

高校生の頃に自転車好きになり、
(その頃の交通手段は自転車しかなかった)
自転車部と称し(本当は帰宅部)毎日羽田空港までの25キロを往復していた・・・
しかし、あれから10年超。
体重は20キロ超orz
感覚は当時のまま「いける」と思っている。

でも最近また自転車に乗り始め、体力の衰えを痛感した次第。

あの頃の我てなら「210キロ?余裕でしょー」
なんてホザいていたのだろうが・・・